meemoは50代閉経後に食べる時は、2種類のゼリーはどう摂るといいの?

もっと女性らしい体を手に入れたい!

こんな女性たちのために開発されたのが健康に魅力アップできると注目を集めているボディケアゼリー「ミーモ」です。

ミーモは、リズムに合わせて食べ分ける2種類のゼリーとなっており、リピート率が95%を超えています

ミーモ最大の特徴は美容と健康のプロが監修をしているところにあります。

経路整体師である朝井麗華さんがプロデュースした商品になっているため、知名度も高いのが魅力的です。

配合されている成分を見てみると、女性に嬉しい厳選した素材が豊富に含まれていました。

例えば、プエラリア、ワイルドヤム、エラスチンなどうれしい成分を身体への負担を少なく効率的に吸収することができます。

掲載誌は300冊以上の実績を持ち、テレビやウェブニュースでも話題沸騰中です。

ミーモは、20代から50代と幅広い女性から支持を得ていますが、一体どのように取り入れるのが正しい摂取方法なのでしょうか。

基本的には、きらきらキレイ期とゆっくりキレイ期の2種類で構成されているため、基礎体温で言う低温期と高温期で飲み分ける方が多いようです。

きらきらキレイ期は、気分も明るく活動的な時期となっているため、この時期に必要な有用成分を摂取することで女性らしい魅力アップサポートを目指します。

プエラリアミリフィカや、大豆イソフラボン、ブラックコホシュなどの女性らしい魅力をサポートするのに欠かせない成分を贅沢に配合しています。

そして、ゆっくりキレイ期は気分が落ち込みやすく体の不調を感じやすい時期となっているので、身体のバランスを整えながら次の前向きな時期に向けて準備をする成分エラスチン、ワイルドヤム、チェストツリー等を配合しています。

では、50代以降の閉経を迎えた女性がミーモを取り入れる際には、一体どのように飲み分ければ良いのでしょうか。

基本的に女性は閉経を迎えると、基礎体温は高温期がなくなり低温期のみ継続するようになります。

しかし、閉経を迎えたからといっていきなり卵巣の機能が停止するわけではありません。

徐々に低下しながら女性ホルモンも低下していくため、この女性ホルモンの変化に合わせながら、きらきらキレイ期とゆっくりキレイ期を自分自身で実感している身体リズムに合わせて飲み分けるのがオススメです。

逆に50代以降になると女性ホルモンの低下により更年期障害などの様々な体の変化を感じる機会が増えていきます

ミーモに配合されているサポート成分は、減少していく女性ホルモンを手助けする者も豊富に含まれています。

なので更年期のイライラなどに悩んでいる方にもオススメです。

2種類のゼリータイプになっているからと難しく考えず、女性ホルモンをサポートしてくれる成分を上手に摂取していくことにより、体の不調を少しずつ良い方向に導きながら、年齢を重ねても女性らしさを保つことができるようになります。

それでも食べ方に悩む時は、朝、ゆっくりキレイを摂って、夜きらきらキレイを摂るといいかなと個人的には思います。

理由は、寝ている間にホルモンが活動して身体の中からキレイをサポートすると考えられるから、女性ホルモンに似ているプエラリアミリフィカを含む「きらきらキレイ」を飲むと良い変化が期待できそうと思うからです。

◆口コミ評価も高いです。
実際に食べる際に注意したいことなどもわかります
チェックしてみてください。
ミーモ(meemo)の評価レビュー!口コミ効果で噂のバストアップは本当?

us